忍者ブログ
戯言すぺーす。
raid5の再構成に失敗して3TBのデータが吹っ飛びました。しにたい
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
視聴
RESPECT
バーコード
[340]  [339]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

寝台特急は戦争です。
予約を取る時、すでに始まっています。
乗った後も、当然交戦状態です。
一瞬でも気を抜いてはいけません。
隙を見せずに出し抜いたものだけが勝者になるのです。
甘い考えの人間が寝台に乗るとどうなるか・・・・

そんなことを書いていきます。



鎌倉(17:23)――東京(18:27)――上野(18:35)
の予定どおり列車に乗ったはいいが、そこは関東ど素人、不安でしょうがないw
持ってきたipodはもちろん装着する余裕なし。
混んでたからそもそも座れなかったけど、窓にへばりついて、駅に到着毎に看板を確認、進行方向があってるか確認してました。

そのとき気がついたんだけど、別に東京近郊でもビルだらけでないのね。
てっきり隙間もなく住宅、マンション、ビルが建ってると思ったよ。
こっちと変わらない風景でちと安心したw
・・・・とか考えてたら、またあることを思いつく。

東京駅で乗り換えって大変じゃね?


平日で夕方の込み合う時間帯。
どこが首都圏で一番乗降客数が多い駅かは知らんが、日本の首都駅だし不安だのう。
つーことで、品川駅で下車し、 山手線内回りに乗る。
そしてアニオタらしからぬ振る舞いで秋葉原を華麗にスルーしつつ、上野に到着。
ほぼ時間通りw

しかし着いたは良いが、いろいろと中途半端じゃのう。
列車に詳しい人は知ってると思うけど、寝台での食事の予約は3日前までに入れないといけない。でもオレは当日に予約を入れたので、申し込むことができなかった。

つまりオレは、列車に乗る前に食べるか、お弁当を持ち込まないと飯抜きになる。
念のために、鎌倉を出る前にコンビニで、おにぎりとカロリーメイトとペットボトル飲料を購入したが、できたらまともなものを食べたい。でも上野駅に「これはっ!」という店がないんだよな~
北斗星の入線する姿を見たいから、長々と店にいられないし。

・・・・・・・

ちゅーことで、弁当買うことにする。
しかし叙々苑 焼肉弁当を見つけるも、2k以上というふざけた値段設定のため、早々にあきらめ。結局横浜シューマイ弁当と他スナック菓子、さらに飲み物を購入。
カロリーメイトは保存が利くからどうとでもなるけど、おにぎりを買ったために弁当の選択の幅が狭まってしまった。

気を取り直して13番ホームに移動。
「なっかなかこないな~」とか「ホームにゴミ箱ないんかい」とかごちゃごちゃ考えること十数分後、やっと来やがった!実は(夜行に乗ったことはあったけど)ブルートレイン乗るのは初めてなんでwktkなんだよw  iphoneで北斗星の雄姿をおさめるぜ!

104fc625.jpeg

・・・・・すまん、iPhoneのシャッタースピードが速いことは知ってたけど、ビビッて引き付けてから撮れなかった。orz



ショックから立ち直れないまま、乗車。
いや、せっかくのブルートレインだ。
気を取り直してさて部屋はどんなかな~

・・・・・・・狭っ!



オレが乗ったのはB寝台(ソロ)だけど、想像以上に狭かったw
寝台個室の作りはL字型の部屋を2つ組み合わせた感じと聞いてはいたけど、実際に入るとホンマ、寝るためだけの設備やなw
つか、JR東日本のHPに乗ってる写真は詐欺だろこれw
部屋に洗面台なんてねーよw

・・・・

とりあえず部屋に荷物を置いて探検。
女性乗車員とすれ違ったので、シャワーについて聞く。


鷹2号「シャワーは有料ですか?」
乗車員「有料ではありませんが予約制です。7号車で予約を取ってください」



と、そのとき、車内放送。
「7号食堂車ではただいま食事の準備をしています。7時半から予約順に食事をうんたらかんたら」

ここでオレの脳内。
「食事の準備をしてるときに行ったら迷惑だな。あとにしよう。」


し か し こ の 考 え が 甘 か っ た !


部屋に戻るも、昼間鎌倉を歩き回ったせいで、体がベタベタして気持ち悪い。
普段、家に帰ったら一番に風呂に入る人間なので、この状況はとてもじゃないけど無理。
結局、15分持たずにギブアップ。 7号車に予約を取りに行く。


鷹2号「すいません~シャワー使いたいんですけど~」
乗車員「今晩の予約はすべて塞がっています」



 (;゚д゚)? ぱーどん?





意識が飛びそうになったが、もう一度確認。


鷹2号「いつなら使えますか?」
乗車員「明日の朝、6時半なら空いております」


いやいやいや、オレ、函館6時34分下車だから!



・・・・・まさか・・・・こんなことが・・・・

・・・・・列車が動き出してからまだ・・・・20分だぞ・・・?

その間にみんな・・・・この7号車に・・・・詰めかけたの・・・か?



あまりの展開に愕然とする鷹2号。
しかしここで閃いた!


タオル絞って体拭けばいいんじゃね?

(いたって普通のアイデア)



でもまあ、何とか不快さは消えました。
不満は残るけど、このさいしゃーない。
いちおう一息つけたところで、弁当を食べる。
チャーハン(゚Д゚)ウマー

って、車内販売で来たし!
買わないでも何とかなったじゃんw




ところでまた、違和感を感じる。


・・・・この部屋、暑くね?


なんか知らんが、部屋より廊下のほうが涼しいんだけど?
空調ボタンを確認・・・ って、暖房しかないしw

これはマジで信じられなかった。
廊下のほうが快適とかアホだろw
北行き列車だから暖房さえあれば良いという考えなのかしら?


すごーく納得いかないが、どうしようもないのでドアを半開きにして外気を入れながら、持ってきた小説を読み始める。が、iPhoneの充電をしないといけないと気づく。部屋にコンセントは・・・・ないか。
廊下にコンセントらしきものがあるけど、掃除機専用らしい。乗車員の人に確認するも、車内にはコンセントないらしい。またも不覚。カメラも兼ねてるから電池がないとマジ困るんだけど。orz

しゃーないので、ここで電源を落として、バッテリーの節約。
別にipod持ってきてるから、音楽だけは聴けるな。
と、ここでまた車内放送。

「予約の方の食事が終わりました。簡単なお食事を提供することができ(ry」


鷹2号脳内 「あまりお腹すいてないけど、いい機会だから後でコーヒーでも飲みに行くか」

って、これが

またまた甘い考えだった!



30分後、小説を読み終えたので、7号車に向かう。
途中、6号車のラウンジで人がぱらぱらといるのを横目で見つつ、7号車に到着。
って、いっぱいだし!出遅れた!!


やっとここで鷹2号も悟りました。


寝台は遠慮したら



終わり!!







腹が立つのでラウンジで外をボーっと眺めながらビールを飲む。
しかしすぐに飽きる。
だって、室内の明かりが反射して、外がよく見えないのよ。
これなら部屋の窓から見たほうがましだよ・・・と思ったが、部屋の明かりは消せても、手元灯が消えないんだった。
これ、本を読んでるときも暑いなーと思ってたんよ。

それでも部屋の電気を消して外を長いこと眺めてました。
こんな画像を見たことあるので、埼玉より上は未開の地だと思ってたけど(←コラ)、仙台はかなりの都市だったので驚いたり、停車駅以外にも一ノ関や盛岡に停車して荷物降ろしたりするんだなとか関心しながら、ずいぶん遅くまで。


が、さすがに2時過ぎまで起きてたので寝ないといけない。おやすみなさい~


・・・・・・・え?
手元灯が点いたまま眠るのは無理があるよね?
まさか!?

・・・・側面のビスを押してみる。すると見事に消灯。\(^o^)/


ちょwww紛らわしいデザインに


するんじゃねえwwww固定ビス


と思ったやんかwwww




ちゅか、この展開、北斗星に乗ってから何度目だw
もう疲れたよパトラッシュ。

今度はボリュームボタンをいじってみる。
勝手に車内放送の音量だと思ってたが、またもやサプライズが・・・・・・あった!
有線放送か、それともCDを流しっぱなしにしてるのか分からんけど、音楽流してる!しかも70年代ぐらいの陰気な歌謡曲とかおもしろそうなやつ!


この後、もったいないのでさらに1時間、音楽を聴きながら外を眺めてました。
これでまたも睡眠3時間コース。 (←アホや
そうして鷹2号を乗せた寝台列車は目的地へたどり着きました。続く(マテ




では最後に、寝台特急に乗ってみたいと考えてる人にご忠告。
はっきり言って、快適ではありません。
不便なことばかりです。
どうしても乗りたいのであれば、綿密に予定をたてた上で、余裕を持って予約を取りましょう。食堂の予約もそのとき是非。
そしてどうせならB寝台とかセコイこと言わず、A寝台をお勧めします。
もちろん乗車区間は始発駅から終着駅まで。
そうしないと夕食やモーニングタイムメニューを食べられないし。
B寝台に乗る場合は、乗車後、すぐにシャワーの予約をしましょう。
その他、車内放送があったらすぐに行動です。
ここまでやっても、ビジネスホテルの快適さに届かないですが、乗った思い出だけは強烈に残ります。
もの好きな方はチャレンジをw


北斗星の設備を紹介してる人の記事のリンク貼っときます ⇒ こちら






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最近のニュースとかは仕入れていますか?
鷹様お疲れさまです。

いやー、シャワーであったり、寝台であったり
車内はたいへんそうですなぁ。
でも案外行き当たりばったりの方が
人生の経験的に楽しいかも。
計画をしまくって行くと、完璧に完璧を求めてしまうので
ハラハラ感が薄れてしまうかも。

個人的に「30分後、小説を読み終えたので、7号車に向かう。
」の小説がラノベなのかどうなのか気になる所。

では、お気をつけて。
どうか良い旅になりますように。
スザク 2009/09/23(Wed)10:35:32 編集
寝台車として考えれば上等(^^
こんばんは~(^^

遙か昔に二段式の寝台車に乗っていた身としては、”個室上等www”ですわ~(^_^;

でも、若かりし頃と違って、今だと風呂にも入りたいし、空調もちゃんとしていて欲しいし…
贅沢かなぁとは思いつつも”北斗星”と言う響きに、そのくらいの快適さは求めてしまいますね。
よし!私は頑張って「ロイヤル」でwwwww(いや、それ無理だから…

ではでは~
miswaki 2009/09/24(Thu)02:25:15 編集
ポッポが友愛してるとかしてないとか(マテ
スザクさん ごきげんうるわしゅう☆

今回の旅は、多くの予定を詰め込んだので、時間を節約する観点から寝台列車を使いましたが、列車に興味のない人は使わないほうが良いと思いますよ。
上記のとおり不便です。
部屋は狭いし、湯船には浸かれないし、充電すらままならない。
寝台料金に食堂車での費用を足せば、普通にホテルで食事付一泊できます。ホテルは睡眠中ゆれませんけど、北斗星で東北本線を走ってるときはかなり横揺れしたし。
・・・・まあ眠れたけどね。
でも熟睡できたかと言われたら、疑問符はつくとこです。

とはいえ、北斗星に乗れたってだけで、とても良い思い出です。
不便なところも、後になれば笑い話にできるとこが寝台の良いところだと思うんですよw

それにね、なんだかんだ言って、寝れる場所が確保できるってのはものすごく心強いです。今回は行き当たりばったりの旅行だったため、ギリギリまで宿の予約ができなかったから、それだけに何も考えずにいられるというのは本当にラクでした。

・・・・ってやっぱり、予定を組んで旅行をするほうが絶対良いわ(おい


>個人的に「30分後、小説を読み終えたので、7号車に向かう。
」の小説がラノベなのかどうなのか気になる所。

読んでたのは、伊坂幸太郎の「魔王」です。
前に少年サンデーで連載されてましたよ。(内容はちょっと違うけど)
ちなみにラノベじゃないけど、文字大きいし行間も広いから、ほとんど同じと思ってもらったら(ぇ


鷹2号 2009/09/24(Thu)23:10:15 編集
CPを考えてしまうのが悪いクセでしてw
miswakiさん ごきげんうるわしゅう☆

>遙か昔に二段式の寝台車に乗っていた身としては、”個室上等www”ですわ~(^_^;

そりゃたしかに二段式と比べたらwwwwwww
あれだと着替えするだけでも大変ですもんねwwww

ちなみにうちが大昔夜行に乗ったときは、床にピクニックシート敷いて寝ましたw
そのころにサンライズ瀬戸(出雲)の設備(ノビノビ座席)みたいなもんがあれば、もう少し快適に乗れたのにね・・・


>でも、若かりし頃と違って、今だと風呂にも入りたいし、空調もちゃんとしていて欲しいし…

これはマジで切実ですわw
新幹線との競合もそうだけど、寝台の設備が更新されないから客が集まらない、集まらないから設備を更新できないの負のスパイラルが、乗車すると手に取るように分かります。こりゃどんどん廃止されるわけだと思いましたわ。

しかしカシオペアやトライライトエクスプレスのA寝台(スイート)はパネェですw
ここらへんはさすがによう手が出ませんが、うちも北斗星ならなんとかなる(・・・ような気がする)ので、今度はロイヤルに挑戦してみます!
あっ、でもブルジョワ民のmiswakiさんはカシオペアにお回りくださいw(ぁ
鷹2号 2009/09/24(Thu)23:46:58 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Listen to the music



John Mayer 『Neon』
ギターがエロエロでございます(ぉ

カウンター
ブログ内検索
月別バックナンバー

最新トラックバック
一時捜索二字奏作
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 鷹2号の観察日記 All Rights Reserved.
忍者ブログ/[PR]